ジャスティンとセレーナが何度も破局と復縁を繰り返すワケ! ジャスティンが持つ極端な“二面性”とは?

何度も何度も破局と復縁を繰り返し、ファンを一喜一憂させる、歌手のジャスティン・ビーバー(20)とセレーナ・ゴメス(22)。

なぜ彼らは、いつも最後に別れを選びながら、結局は元サヤに収まってしまうのだろうか?この夏、ジャスティンが復縁を公式宣言しながらも、現在は破局がウワサされるジェレーナ。

米HollywoodLifeに関係者が語ったところによれば、「ジャスティンはいつも同じ“ゲーム”をセレーナとしている。」

http://www.tvgroove.com/sm/news/article/ctg/1/nid/19290.html


離別と復縁が恋愛のゲームといえるのはさすがスターだなと思いますが、実際に同じ相手と別れと復縁を繰り返すカップルは少なくありません。

もう今度こそは許せない!と言いながら気づけばまたお付き合いしている。周りは巻き込まれてしまうと大変ではありますが、見方を変えると恋愛に必要な「刺激」を上手く使っているともいえます。

やはりカップルや夫婦の離別の原因としてマンネリ化は多いですよね。なんとなく飽きた…からつい浮気してしまった。つい…で許されることではありませんが、刺激がなくなり喧嘩が増え、安心感までもなくなると心変わりしてしまう可能性は上がりますよね。

復縁工作により復縁成就されたプロセスの中には、相手に何らかの刺激を与えるという技がよくつかわれます。何をもって刺激になるかは人によって違いますが、平凡で退屈な状態に刺激というスパイスを加えるのは、復縁だけでなく一般的な恋愛にも応用できますよ。

 

「復縁したい」方への応援に復縁屋スタッフが送る恋愛・復縁ニュースを集めてみました!

関連記事

ページ上部へ戻る