プーチンは「復縁を迫るDV夫」。今さら聞けない“ウクライナ情勢”をゼロから解説

プーチンは「復縁を迫るDV夫」。今さら聞けない“ウクライナ情勢”をゼロから解説

プーチンは「復縁を迫るDV夫」。今さら聞けない“ウクライナ情勢”をゼロから解説

ロシアがウクライナへの侵攻を開始したのが、2022年2月24日。以来、一刻を争う事態が継続している。しかし、大変なことが起こっていることはわかるけど、さまざまな国の歴史や事情の絡む世界情勢のニュースは難しいと感じている人も多いのではないだろうか。
そこで本記事ではこのトピックについて、「超簡単」に、わかりやすく解説したい東京大学先端科学技術研究センター専任講師で、ロシアの軍事・安全保障政策を専門とする小泉悠氏に話を聞いた。
ロシアはどんな建前で戦争をはじめたのか
――ロシアはどんな主張の元、ウクライナへの攻撃を始めたのでしょうか?
小泉悠(以下、小泉):ざっくりいうと「今のウクライナは悪いやつだ」という主張です。「ウクライナの政権が、ウクライナに住んでいるロシア系の人たちを虐殺しているので、これを止めなくてはいけない」と。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ddd73b8a85dcba9b512d7c102e09a94fe79463c


「ロシアは復縁を迫るDV夫のようだ」たとえで表現されたニュースでした。
国境を越えた復縁難しいようですが復縁屋にお任せください。

関連記事

過去の復縁ニュース

ページ上部へ戻る