のこぎりで76歳「妻」が83歳「夫」を殺害 20年前に容疑者を激怒させた夫の所業とは

のこぎりで76歳「妻」が83歳「夫」を殺害 20年前に容疑者を激怒させた夫の所業とは

のこぎりで76歳「妻」が83歳「夫」を殺害 20年前に容疑者を激怒させた夫の所業とは

76歳の妻が、83歳の夫に馬乗りになり、のこぎりで首を切りつけするという事件が起きた。何が妻をこのような残忍な犯行に駆り立てたのか。現場となった神奈川県茅ヶ崎市で夫妻の軌跡を追った。
JR辻堂駅から徒歩20分。閑静な住宅街の一角に、現場となった2階建ての一軒家はあった。築45年の木造住宅は1年ほど前に黒いペンキで塗装されたといい、古めかしくは見えない。
庭を覗くと、寒々とした光景が広がっていた。10坪ほどの大きな庭には、何一つ物がない。目につくのは、枝葉をことごとく伐採され、数十センチの幹のみを残した数本の木だけだ。近隣住民によれば、かつては庭を囲むように樹木が生い茂っていたという。今年になってからのこぎりで剪定を始める老婆の姿が度々見かけられ、日に日に枝葉が寂しくなり、3月に入るとほとんどが刈り取られてしまっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d83954a209e77da25ebc50dd771c88da5432f755


20年くらい前にしていたそうな。復縁するわけでなく、家庭内別居だったそうですね。
本気で復縁を目指しているのであれば、いちばん大事なポイントを見逃さないでください。
復縁屋の専門スタッフが復縁を後押しします。ぜひご相談を。

関連記事

ページ上部へ戻る