沢尻エリカ 破局していた!交際8年、大河専念のため自ら決別

9月初旬、都内にあるコインパーキングから颯爽と出てきたのは沢尻エリカ(33)。来年1月より放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する沢尻。オフだったこの日、真っ赤な花柄のバッグとスカートという華やかな装で沢尻はヨガスタジオへと向かっていた。ヨガに詳しい芸能レポーターの川内天子さんはこう語る。
「沢尻さんが訪れていたのは、ハンモックを使って行う空中ヨガを扱うことで話題のヨガスタジオ。多数の芸能人やモデルも通っているそうです。沢尻さんが演じるのは織田信長の妻・濃姫という重要な役どころ。長期間にわたって撮影する大河を乗り切るには、日ごろのメンテナンスが何より重要。沢尻さんは週2回ほど通って、自分磨きに励んでいるそうです」
大河に向けて奮闘を続ける沢尻。しかし、その裏で彼女は“大きな決断”を下していた。
11年からアパレルブランドのデザイナー・A氏との交際をスタートさせた沢尻。本誌も14年に沢尻の母・リラさんとA氏と都内の自宅で同居する姿を目撃するなど、“母公認”の関係を続けてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00010000-jisin-ent


8年交際していた方との決別はそれはとても大きな決断だったことでしょう。仕事が落ち着いてからの復縁はあるのでしょうか。
事情があって一時的に離れてしまったが復縁したい。そんなお悩みがあれば復縁屋のプロ復縁カウンセラーに相談してみましょう。

No tags for this post.

関連記事

ページ上部へ戻る