浜崎あゆみと7年間交際…なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場しない?

浜崎あゆみ(40)と、浜崎の育ての親でエイベックス会長の松浦勝人氏(54)との交際を振り返り話題の小説「M 愛すべき人がいて」(小松成美著)について、お笑いタレントの今田耕司(53)がテレビでこう言った。
「これって世の中の人はビックリしてるんですか? こちら(芸能界)の人間は当時から誰でも知っていることですよ」
業界では「今さらなぜ」という声とともに、こんな疑問も上がっている。
「松浦氏との交際より、もっと有名だった長瀬との交際はどうして語らなかったのか、語れなかったのか」――。
TOKIOの長瀬智也(40)とは、浜崎が松浦氏と破局した翌年の2001年に熱愛が報じられた。
写真誌フライデーにツーショットが何度も載るなど、オープンな交際を続け、ファンは結婚するのではと盛り上がったものだ。お揃いのタトゥーをそれぞれの肩にいれ、浜崎の楽曲「ANGEL’s SONG」などは、長瀬とのことを歌っているのではないかと臆測が飛び交った。
「この交際も07年に破局を迎えますが、復縁説があったりして、いまだに注目されています」とスポーツ紙芸能デスクは言う。
事実、破局した当時、浜崎は公式ファンクラブに向けて「7年間もの月日を共に歩んできた同志なわけだから、いきなり『さよならっ。ハイ、他人。』なんてなるわけもなく、今までと変わらず連絡も取り合うし、一緒にゴハン食べたりもするんだなぁ」とコメント。
「つまりね、私達は恋人同士という枠を越えて、家族のような兄弟のような、そんな関係になったんだよね」と続けている。

https://news.livedoor.com/article/detail/16952518/


復縁説もあるんですね。仲良い間柄ならあるかもしれませんね。
復縁屋ではあなたの「復縁したい」の力になりたい。ぜひ専門の復縁カウンセラーにお悩みをお聞かせください。

No tags for this post.

関連記事

ページ上部へ戻る